スガイ化学、酔ってるの

20200130

初動売り禁からのS高銘柄として教材に使わせていただきました。

朝方20万近くの特買いに始まり一気に天井まで飛びました。

売り板が本当にないというか、誰かが握り締めているのでしょうか。

日証金の確報によると2万ほどの空売り残が発生しており、売り方を捕獲して強制退場させる目的が見受けられる。

1100円から1700円の上げ、昨日空売りをしてしまった方はどうなったのだろうか。

ただ、騙し揚げだったかのように終了時に3万の特買いに減少。

何が起きたのか?

14:30頃に、酔ってる、もとい寄っているではないか。。

出来高も少なく、朝方の特買い注文を寄る寸前でキャンセルしたものもあるかのごとく。

正直のところ、これ以上あげるのは限界かもしれない。ホルダーは早々に利確した方が良いかもしれない。

今回はスガイ化学のバーターとして同じく材料なしの爆上げ空売り銘柄:丸山製作所にも注目する。

もうちょっと上がるのを期待していたが、本日上髭チャートとなってしまった。

上髭チャートは心理的に手仕舞いを誘発する。相場はもうこれで終わってしまうのだろうか。

朝方の特売りから逆転して1700円まで行った時は私も空売りの誘惑に誘われたのも事実。

思い止まってしまったのが昨日の速報で10万近く空売り残があったこと。逆日歩も若干ある。

この空売り残であれば、やはり当初の通り1800円台から空売りを始めるのが良いかもしれない。買い玉を持っていたのであれば本日インしても良かったかもしれない。

スガイ化学売り禁で?

スガイ化学の初動売り禁で相場はいかに

20200128

スガイ化学

4120

最近の規制はとにかく早い、前場でS高になり早速売り禁

スガイ化学はいきなり来るで有名銘柄

1000円から代で空売りしてしまった場合は殺人級

1000円台の銘柄はとにかく上げ幅がでかい

+300円は売り方にとっては結構痛い

初動による売り禁の場合、加勢する売り板が少なくなるため上方に飛ぶ可能性がある

最も「売り禁に買いなし」という言葉もあるが明日はいかに

問題なのは現在買い溜めした仕手筋がガチ捕するかどうかで売り板の圧力が決まる

強制退場を狙う上げを起こす場合、もう一回S高にしてもおかしくない

ただ、仕手筋も無理やりあげると自身が高値掴みを余儀なくされるためどう動かしてくるかで勝負が決まる

一方もう一つ注目銘柄がある。

丸山製作所

6316

こちらは空売り銘柄としてはそんなに有名ではないと思うが、材料がないのはスガイ化学と同じ。

個人的にはこういうのが好きな銘柄ではあるが、空売りはまだできない。

相当溜め込んでからの動きのため、指標になるのは月足。。

月足の平均線付近で構えて待つのが得策と思える。

最も買い玉も既に仕込んでいるのであれば空売りを発動しても構わないと思うが、売りから入る場合は特に警戒してから入る必要がある。

はじめに

暴騰空売り系コメディー作家(YouTuber)の「仕手株じゃ」による空売り関連のちょっと怪しい銘柄の動きをレポートしております。

以下時系列に投稿が進みます。最新情報は「上位に表示」されますが昔の記事などはブログ内上部にある「検索バー」で特定の記事をお探しください。

初心者の方は大負けしないためにもメニューにある「空売りの心得」をお読みください。

↑ YouTubeチャンネル登録で最新情報をお届けします!

こちら←メール登録でYouTube更新時に通知もいたします。

「仕手株じゃ」のポートフォーリオ – 週2~3ペースで更新

※ 逆日歩発生中の銘柄に踏上指数を表示しております。この指数は売残、貸借倍率、逆日歩より算出した値で大きいほど踏み上げの起こる可能性が高いです。

イマジニアはオワコン

20200128

昨日の暴落にリバウンドもあるかと思われたが、はずんだのも昼までのこと。

13:00を過ぎるとVWAPがデッドクロスに入り、昨日はもとより本日参入の方も含めて買い方は含み損を抱える方が多いかと。

昼過ぎでなぜ生き返れなかったのかを考察してみる。

貸借取引情報がそれを物語っている。

1/24にあった売り玉が7万近く消えている。これは大口の空売りが利確したことを意味する。

さらに融資残高が8万近く逆に増えているのであった。これは1/27の時点で発生していることを考えると

買い方の大口が融資でナンピンを行った可能性が高い。この動きを空売り機関に目を付けられてしまった場合は小幅なリバウンドのたびに売り玉で叩き落とされる可能性が高い。

既に株価も頂点を過ぎたところでもあり、何かビッグニュースでもない限り、今後は下落トレンドに入るであろう。

一方、ジャパンインベストメントの動きは少し外してしまった。ここから上に行くかと思ったのだが、100円近くの下落を本日記録した。

ただ、まだ前々日のラインを割ってはいないのでフェイクとして急激に上昇軌道に転じる可能性も否めない。

やはり週足と月足が底であるところがポイント。

一方今回、仕手株というわけではないが、勉強教材に最適な上昇トレンドに乗っている空売り銘柄を新しく見つけたため、ここに報告する。

「いい生活」

動きの方は実は先月の12月初めの方からあったようだ。ここ2ヶ月で急激に出来高が上昇し、週足でRSI 80超えを維持している。

これは踏み上げの典型曲線でもある。

やはり、不動産関連やデータシステム系の事業は急にお金が転がり込むビジネスでもあるため長期で空売りをするのは危険。

自己資本比率が低い割にはROEが予想外に低い。自社株会でも発動すれば青天井になり得る。

本日の上げはIRの上方修正にあったと見る。

イマジニアまじ?

イマジニアとジャパンインベストメントの比較

20200127

イマジニアとジャパンインベストメントを比較するとチャートの勉強になる。

両者は同じような価格帯であるが上昇への短期の可能性は似て非なるもの。

朝方のイマジニアの勢いはジャパンインベストメントよりも強いのではと思わせるものがあった。

特買いの勢いは売り方の誰しもが見せ板と思わせるほど怪しかった。

ただ、張り付きが解消され値が始動すると途端に下落、おそらくファーストアクションで入れたものはほぼ空売りであったのではと思わせるものだ。

その証拠としてVWAPをゴールドクロスした時の陽線の強さは凄かった。短期筋の売り方の損切りの悲鳴と思える。

本日も張り付くかと思われたところでの昼過ぎの一気の下りは見るに耐えない。

買い方が利確に走り出した瞬間にも思える。1回目のナイアガラは多少持ち越したように思えたが決定打は14:00ごろの2回目のナイアガラ。

実に100円近くの下落が2~3分で起きている。
これはいわゆる相場終了の合図のように思える。

一方、ジャパンインベスとは安定的な上げを本日見せている。VWAPを見ても初動から強気なラインをずっと維持している。

ここがイマジニアと大きく違うところ。

一日の上げ幅は両者とも同じぐらいだが、意味合いが大きく異なる。張り付かなかったところを見るともしかしたらモルガンは逃げ切ったかもしれない。

いずれにしても長期に見るとまだまだ上へ上がるポテンシャルを秘める。

こちらは空売りなどをしない方が無難。

仕手株週間報告

ジャパンインベストメントA

7172

2020/01/24

現時点で空売り可能銘柄です。1600円代で貸株残高が282,200と結構あります。

注目すべきは前日のS高、終了に成買いが4,205,400発生している。

チャートに関しては日足でボリバンギリギリまで飛んでいるが、週足や月足で確認すると低位に位置するのでここで空売りなど参入するのはかなり危険が伴う。

Yahoo掲示板の盛り上がりは10分起きぐらいに投稿があるのを考えるとそんなに注目度は高まっていないように思える。

現時点では増担などは発生はしていないようだ。機関投資家としてモルガンが結構空売りをしているようで暴騰する場合、モルガンからの買い戻しが一気に来ることが考えられる。

逆日歩の方は最近は発生していないようだ。

材料が乏しいのにこの上がりは少し気になるところ。

金融ソリューションの会社のようですが、PERの低さから人気というか知名度は低いかと思われる。従業員が65名と少数。

イマジニア

4644

2020/01/24

前日比15%まあまあな暴騰率に見えるが、注目すべきは週足と月足。共にボリバン限界までの振り幅となる。

貸借倍率はそれほどでもないので逆日歩が発生することはまずないだろう。

本日の上は材料がないのに15%は気になるところ。週足から見てもここでGUになるのは予想外な展開が見て取れる。

天井がそろそろ近いのでこれ以上上がるともしかしたら機関の空売り組が参入する可能性が高い。

モルガンなど過去に参入した可能性があり。