来週の株式相場見通し。日経平均の株価動向は米大統領候補テレビ討論会の結果次第か?

仕手株関連

来週の東京株式市場は、円相場の動向と向き合いながら様子をみつつ、慎重動きとなる展開が予想される。また懸念材料として現地の26日大統領候補第1回テレビ討論会で、この結果を受けてもしトランプ氏が優勢となった場合には政治リスクを警戒して日米共に株価が下落する可能性が・・・

本日の東京株式市場、日経平均は円高警戒感から小幅に反落。

仕手株関連

本日の東京株式市場は、寄り付き先行スタートとなったものの、外国為替市場での円高・ドル安の進行が一服状態となった事を受け、前場の日経平均株価は徐々に下落幅を縮小する推移となったが後場に入ると円高・ドル安が進行した事に加え、週末を前にして買い控え姿勢が強まり日系平・・・

バイオ関連、人工知能(AI)関連が軒並み堅調!

仕手株関連

東京株式市場の前場の日経平均は下げ渋り前営業日比20円安の1万6700円台後半万で下げ幅を縮小する場面が見受けられた。外国為替市場での円高・ドル安の進行が一服しており1ドル=101円近辺で推移している。 また個別銘柄ではシンバイオ製薬がノーベル化学賞候補として・・・

厚生労働省人工知能(AI)使った新薬開発の後押しからバイオ関連株に期待高まる。

仕手株関連

本日の東京株式市場は売り先行で始まり、寄り付きの日経平均株価は、前日比47円安の1万6759円と小幅に反落スタートとなった。理由としては21日に日銀の金融政策決定会合の内容して前日315円高と大反発した事への反動や、週末のポジション調整の動きも加わって、利益確・・・

FOMCは予想通り据え置きが決定。今後の相場の見通し!

仕手株関連

米連邦公開市場委員会(FOMC)での大方予想通り政策金利を0.25-0.50%に据え置くことを決定した。会合終了後に公表された声明では、労働市場における需給関係の引き締まりや経済成長の加速が指摘されたが、雇用、家計支出、企業設備投資、インフレに関する見解は前回・・・

日経平均は前日比315円高と急反発!残るは米国FOMCの結果待ち。

仕手株関連

東京株式市場での日経平均株価は反発して前日比315円47銭(1.91%)高の1万6807円62銭で終えた。日銀が13時過ぎに長短金利操作付き量的・質的金融緩和を導入すると発表。この事から金融政策の枠組み変更を受けて長期の金利が上昇し金融機関の収益悪化が後退する・・・

日経平均は小幅に反落。日銀の金融政策決定会合の結果待ちで買い手は手控えムード。

仕手株関連

本日の東京株式市場は前週末比27円14銭安の1万6492円15銭と小反落。本日の東京株式市場は買い手控え感が強かったものの、下値に対しては強さを発揮する面も見られた。 また個別銘柄では任天堂が連日、右肩上がりで上昇しており「ポケモンGOプラス」とアイフォン関連・・・

前引けは前週末比18.61円高の16537.90円で続伸!後場はポジション調整の流れからこう着感が強まる!

仕手株関連

本日の東京株式市場の前引けは続伸し18.61円高の16537.90円(出来高概算8億1000万株)で前場の取引を終えている。週明けの米株安の流れを受けて、利食い先行で始まった。ただ日経平均は寄与付きを安値に、その後は下げ幅を縮めると、前場半ばにはプラス圏に回復・・・

ページの先頭へ