前引けの日経平均株価は前日比233円78銭高の1万669918銭と反発。

仕手株関連

本日の東京株式市場は、前日の米国株の流れを継いで買いが優勢となった。OPECの臨時総会での大方の予想を覆し、減産合意となった事で原油市況が急上昇し株式市場もリスクオンの流れが形成された。 外国為替市場では1ドル=101円台前半まで円安が進行した事も、輸出株中心・・・

個人主体の相場で中小型株にシフトされるか?

仕手株関連

本日の市場は買い先行の展開となりそうです!28日の欧米市場は上昇。注目されていた石油輸出国機構(OPEC)の非公式会合では、原油生産量を制限することで合意した。実質の減産合意となったことが好感され、NYダウは続伸で25日線を回復しました♪ また9月末の要因から・・・

日経平均は反落スタート。円高推移や原油価格の下落などが嫌気。

仕手株関連

日経平均は反落した。現在の日経平均は前日比の205.31円安の16478.62円で推移している。米国株は反発しているものの、為替の円高推移や原油価格の下落などが嫌気されていることから東京株式市場は売り優勢で取引が開始となった。 また個別銘柄では好決算などにより・・・

日経平均は円高懸念で売り優勢!テーマ物色は引き続きバイオ関連!

仕手株関連

本日の日本株式市場は売り先行の展開となり、その後も戻りの鈍い相場展開となる事が予想される。また末期要因から期間投資家は動きつらいところであり、不安定な相場展開となる事もある。 週内に限っては中小型のテーマ株に資金が向かいやすくなる事が予想される。 またテーマ株・・・

日経平均は続落。円高傾向で輸出株崩れる。

仕手株関連

日経平均は続落。141.45円安の16612.57円(出来高概算6億6000万株)で前場の取引を終えた。理由としては前週末の欧米株市場は総じて軟調だったことや、WTI原油先物価格の急落や、日米の金融政策会合の通過後にドル安・円高傾向にあるこが原因の一つとして考・・・

来週の株式相場見通し。日経平均の株価動向は米大統領候補テレビ討論会の結果次第か?

仕手株関連

来週の東京株式市場は、円相場の動向と向き合いながら様子をみつつ、慎重動きとなる展開が予想される。また懸念材料として現地の26日大統領候補第1回テレビ討論会で、この結果を受けてもしトランプ氏が優勢となった場合には政治リスクを警戒して日米共に株価が下落する可能性が・・・

ページの先頭へ