本日の日本株式市場は売り先行の展開となり、その後も戻りの鈍い相場展開となる事が予想される。また末期要因から期間投資家は動きつらいところであり、不安定な相場展開となる事もある。

週内に限っては中小型のテーマ株に資金が向かいやすくなる事が予想される。

またテーマ株ではノーベル賞受賞式を目前とし、自然科学3賞の受賞者が10月3日の医学生理学賞を皮切りに順次発表。今年も医学生理学賞では免疫分野に強い日本人候補者が挙がっていることもあって、日本人研究者の3年連続の受賞に期待が高まっている。この事からテーマ買いの舞台の中心でバイオ関連が飛躍的に延びると思われる。